事業概要と経営方針

当社は平成30年5月18日付で新たな3年間の「中期経営計画」を策定いたしました。
本中期経営計画の概要は以下のとおりです。

中期ビジョン
「つなぐ」「おくる」テクノロジー企業から、コミュニケーションテクノロジー企業へ

計画策定の背景
①ボイスコンピューティング関連市場の活性化という「市場環境の変化」と②「コミュニケーションソフトウェア事業の回復」を受け、異業種とのシナジーによる事業拡大ではなく、創業以来の当社固有の技術・事業の伸展、深耕による事業拡大へと「原点回帰」

中期事業拡大方針
大洋システムテクノロジー社との資本業務提携により、同社の開発リソース、事業展開力の支援を受け、当社が培ってきた技術を他社へのM&A等の投資も含め発展させ、ボイスコンピューティングを中心としたコミュニケーション領域での事業拡大へ

中期事業目標
・2019年3月期:事業基盤確立と営業損失縮小
・2020年3月期:事業拡大と営業キャッシュ・フロー黒字化
・2021年3月期:事業拡大と営業利益黒字化

2019年3月期事業目標
①ソフトフロントマーケティング社を中心にコミュニケーションインフラ事業売上を拡大
②大洋システムテクノロジー社との事業連携を中心にコミュニケーションソフトウェア事業売上を拡大
③次期以降の収益の柱としてボイスコンピューティング新規事業開始

ボイスコンピューティング事業
当社固有のコミュニケーション技術と音声認識・言語解析・AI技術を組み合わせた新たなボイスコンピューティング技術を開発し、コールセンター業務等の業務自動化が強く求められる領域において事業化へ

中期経営計画(平成30年5月18日付)につきましては、こちらをご覧ください。