株主の皆様へ

株主の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 

当社グループは、SIPやVoIP関連技術に強みを持ち、リアルタイム通信の領域を中心に事業を展開してまいりました。音声アシスタント端末の普及によりボイスコンピューティング関連市場が活性化していることを好機と捉え、2018年4月に株式会社大洋システムテクノロジーと資本業務提携を行い、同分野への開発投資及びリソースの集中を進め、事業規模拡大を図っております。

2018年6月に開示しましたとおり、当社グループは2018年3月末日現在で債務超過となっており、上場維持のためには2019年3月末日での債務超過解消が必須であります。2018年4月に実施した資本政策及び構造改革による収益改善により、一刻も早い債務超過状態の解消を図ってまいります。近日中に「債務超過解消のお知らせ」を皆様にお届けできるように、最優先で経営してまいります。
まずは目先の債務超過解消、次に営業黒字化、そして継続企業の前提に関する注記が外せるように、新経営体制のもと、グループ一丸となって取り組んでまいりますので、今後もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

株式会社ソフトフロントホールディングス
代表取締役社長  平野井 順一