株主の皆様へ

株主の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 

2018年3月期 第2四半期決算につきまして、ご報告いたします。
当第2四半期連結累計期間(2017年4月1日~2017年9月30日)の業績は、売上高966百万円、営業損失495百万円、経常損失456百万円、親会社株主に帰属する当期純損失464百万円となりました。

 
売上高につきましては、株式会社グッドスタイルカンパニーの売上が順調に推移し、
前年同期を上回っている状況でありますが、
同社の管理体制整備など、一時的費用が嵩んだことなどから、
結果として、大きな営業損失を計上しております。
株主の皆様のご期待に沿うことができなかった点、深くお詫び申し上げます。

 
当社グループは、2016年8月より持株会社体制に移行し、M&Aを積極的に推進しグループを拡大しております。
また、2017年9月には株式会社光通信と合弁会社「株式会社ソフトフロントマーケティング」を設立し、営業力、販売力を大きく強化しております。ここで培った販売網を利用して、従来の当社の強みである技術力を駆使した多店舗向けITソリューション等を展開することを目指しています。
現在、グループ体制や収益構造等を大きく変革している途上にあり、一時的費用などから、いまだ利益面でご期待に応えるまでいたっておりませんが、事業基盤拡大と体制整備を、より一層推進することで、早期に収益改善を果たすべく取り組んで参ります。

 

株主の皆様におかれましては、今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

株式会社ソフトフロントホールディングス
代表取締役社長  佐藤 健太郎